初めて手作りの同人グッズを製作する人が知っておきたいこと

オリジナルの同人グッズを製作してみたいけど、初めて挑戦する人の中には何から手を付けるべきなのかわからない人もいるのではないでしょうか。

同人グッズと一言でまとめても、さまざまな種類があります。

手作りの同人グッズ製作で業者の力を借りる場合は、まずは自分がどんな同人グッズを作りたいのか明確にしてみましょう。

スマホケースやキーホルダー、缶バッジなど製作できる同人グッズの種類は豊富です。

作りたい同人グッズによって役立つ業者は異なります。

自分が作りたい同人グッズの製作に役立つ業者を探してみてください。

キーホルダー製作におすすめな業者

バンビアシスト

バンビアシストは商品1個からオリジナル同人グッズの製作を依頼できる、グッズ製作専門ショップです。

アクリルキーホルダーを始めとし、マグカップやミニタオル、ポケットティッシュなど60種類以上のさまざまなグッズを製作できます。

初心者をサポートすることに特化しているので、初めて同人グッズを製作する人にもおすすめな業者です。

公式ホームページに用意された原稿テンプレートを使って、自分が作りたい同人グッズをデザインして依頼します。

初めて自分でオリジナルの同人グッズを製作する時は大量生産するよりも1つ小さなグッズを作ってみるのがおすすめです。

バンビアシストなら、グッズ1個から製作依頼を受注してもらえます。

コミグラ

コミグラはアクリルキーホルダー1個から製作してもらえる業者。

製作した同人グッズを商品として販売する予定の人におすすめです。

販売する時に役立つアクリルキーホルダー用台紙も販売されていて、キーホルダーとセットで注文すると無料でOPP袋にラッピングしてもらえます。

販売目的で同人グッズを製作する時はこのようなサービスも上手く使ってみましょう。

キーホルダーに付属するストラップも7種類の中から無料で選択可能。

特にボールチェーンはカラーバリエーションが豊富なので、キャラクターの配色に合ったストラップを付けてもらえます。

販売する場合にお客さんに好きなストラップの種類を選んでもらえるので、より喜んでもらえる同人グッズが作れるでしょう。

スマホケース製作におすすめな業者

オリジナルグッズラボ

オリジナルグッズラボはiPhone、Androidともにオリジナルのスマホケースが製作できる業者です。

オリジナルグッズラボの公式ホームページにアクセスすると、スマホ1台で簡単にデザイン図面を作成できます。

スマホケースの他にも、衣類や雑貨類の同人グッズ製作が可能です。

オリジナルグッズの土台となるスマホケースも、ラメの入ったグリッターケースや温かい木の質感のウッドケースなど豊富な種類の中から選択できます。

スマホケースそのものの土台にこだわりたい人はオリジナルグッズラボでの製作がおすすめです。

オリジナルグッズラボでは2018年に商品直送機能がリリースされ、販売事業を行っている人がさらに利用しやすくなりました。

手作りの同人グッズを販売目的で製作する場合、注文を受け付けた後にオリジナルグッズラボで商品の製作を完了後、販売者を経由せずに直接購入者の元へ配送できます。

住所を書き換えて発送する手間や郵送時間を省くことができるので、販売者も購入者も嬉しいサービスです。

手作り同人グッズの販売を検討している人は、ぜひ商品直送機能を利用してみてください。

おたクラブ

おたクラブは小~中ロットの製作に特化している印刷業者で、一般的なモノクロ印刷やフルカラー印刷にさまざまな種類の印刷方法が用意されています。

複数の色を使用する通常の印刷方法も利用できますが、おたクラブでおすすめなのが単色カラー印刷です。

独自に開発されたデジタルオフセット技術を用いています。

依頼する時のデザインはモノクロで問題ありません。

シンプルだけどオシャレなデザインの同人グッズが製作できます。

他の人と被らない印刷方法でオリジナル同人グッズを作りたい人におすすめです。

変わったグッズを製作するのにおすすめな業者

GOODS JOB!!

GOODS JOB!!はスプーンやはんてん、ボクサーパンツ、マスクなど他の業者では取り扱っていないようなグッズまで製作できる業者です。

20年以上キャラクター商品を手掛けてきた実績がある業者で、実際に店頭に並んで販売されている商品と同じ製造ラインで同人グッズを製作してもらいます。

今までにないような新しい同人グッズを作ってみたい人におすすめの業者です。

BooCan

BooCanは傘やエプロン、マウスパッドなど他の業者では依頼できないようなグッズ製作ができる業者です。

印刷所が中国にあるため、注文はインターネットでの受付のみ対応しています。

国内の業者と比較すると郵送に時間がかかってしまうので注意しましょう。

期間限定で対象グッズが安くなるキャンペーンが開催されることがあるので、自分の製作したい同人グッズが対象のキャンペーンが実施されていないか確認してみるのがおすすめです。

かわえもん

かわえもんは革製品の同人グッズ製作に特化している業者です。

国産レザーやイタリアンレザー、高級本革などを使用した自分だけのオリジナル同人グッズの製作を依頼できます。

さまざまな色の革が用意されていて、お取り寄せできるイタリアンレザーのカラーバリエーションは80色を超えています。

姉妹店で「ばっちグー!」という同人グッズ製作業者も運営しているので、革製品の同人グッズを製作したい場合は「かわえもん」、革製品以外の同人グッズを製作したい場合は「ばっちグー!」を利用するのがおすすめです。

SABOTEX

SABOTEXはスタンプやフード付きタオル、ロングクッションなど他の業者で取り扱われていないグッズも製作できる業者です。

オリジナルグッズ1個から製作できるので、初めて同人グッズ製作に挑戦する人や変わった同人グッズを1つだけ製作したい人でも気軽に利用できます。

毎月早期入稿という割引が用意されていて、毎月5日までに入稿すると当月の30日に商品が発送されるので、安い料金で利用可能です。

急いでいるわけでなく安く製作したい場合は、毎月早期入稿の利用をおすすめします。

目を引くデザインの同人グッズ

初めて手作りの同人グッズを製作する時は、他の人がどんな同人グッズを製作しているのか気になるのではないでしょうか。

他の人の同人グッズのデザインを見てみたい場合は、SNS検索を利用してみましょう。

自分で製作した同人グッズの写真を撮影して公開している人がいます。

自分が製作したいと思っている同人グッズの理想のデザインに近いオリジナルグッズを探してみてください。

他の人のデザインを見ると、自分が作りたいデザインが明確にわかります。

キーホルダー

銀テープを保管するための銀テープホルダーを使用して作られたオリジナルキーホルダーです。

銀テープはコンサートやライブなどで配布されることが多いのですが、銀テープホルダーは同人グッズ作りにも活用できます。

自分で描いたイラストを銀テープホルダーに入る大きさにカットして入れるだけで簡単にオリジナルキーホルダーが完成します。

業者に依頼するほどではないけど、簡単に手早く同人グッズが作りたい人におすすめな方法です。

銀テープホルダーは100円均一ショップでも販売されています。

スマホケース

スマホケースの上にイラストの切り抜きやスパンコールを置いて、上からレジンでコーティングされています。

業者に依頼せずに自宅で製作したい人におすすめな方法です。

イラストやスパンコールだけでなく、押し花やポンポン、小さなラメも接着できます。

写真のスマホケースに使用されている羽の形をしたパーツもレジンで接着可能です。

プラ板で製作したピアス

プラ板はプラスチック製の板に油性ペンや絵具でイラストを描いてオーブントースターで加熱するハンドメイドで人気の商品です。

写真の手作り同人グッズはプラ板にイラストを描いて加熱した後、ピアスのパーツが付け足されています。

プラ板は丈夫で壊れにくい素材なので、アクセサリーづくりにもおすすめです。

アクセサリーは日常的に身に付けられる商品なので、製作後も高い頻度で利用可能な同人グッズです。

取り付けるパーツを替えると、ピアス以外にもネックレス、ヘアゴムなどさまざまな同人グッズが製作できます。

レジンを使ったオリジナルスマホケースの作り方

業者に頼まずに自宅にできる簡単なオリジナルグッズを作る方法はいくつかありますが、中でもレジンを使った方法は簡単なのに凝ったデザインのグッズが製作できて人気があります。

一度作り方を覚えてしまえばデザインを変えて何度でも使える方法です。

スマホケース作りにはUVレジンがおすすめ

スマホケースで同人グッズを製作する時に役立つ透明なレジンは、UVレジンとエボキシレジンの2種類があります。

UVレジンはUVライトを当てて5分ほどで固まる素材で、100円均一ショップで購入可能です。

UVレジンを使用する場合はUVライトも必要になるので、UVライトも購入してください。

UVレジンとセットで販売されている場合もあります。

スマホケース作り以外にも使用するのであればエボキシレジンを選んだ方がいいですが、スマホケースを製作するだけであれば手軽に入手できる透明なレジンを使用しましょう。

【用意するもの/必要なもの】

  • スマホケース
  • UVレジン
  • UVライト
  • デザインを描いた図面
  • デコレーションしたいパーツ
  • ピンセット
  • 爪楊枝
  • 平筆

【作り方/作成手順】

  1. UVレジンを平筆でスマホケース全体に塗ります。
  2. デザイン図を元にピンセットを使用して、平たいパーツをスマホケースの上に並べていきます。この後レジンを塗ってパーツを硬化させるので、凹凸のあるパーツや、ラメパウダーやスパンコールのように細かいパーツは並べないでください。2回目にレジンを塗った時に接着します。
  3. 全てのパーツを並べたら、UVライトで硬化させていきます。スマホケースの場合は面積が広いので、上・真ん中・下の3段階に分けてUVライトを当てるのがおすすめです。
  4. スマホケースの上のパーツを硬化させたら、さらにレジンを上塗りします。
  5. 残ったパーツをデザイン図に沿って並べます。ラメパウダーのように細かいパーツは爪楊枝を使って接着するのがおすすめです。
  6. ③と同じ要領でUVライトをスマホケース全体に当てます。

【作成のコツ/ポイント/注意点】

手作りの同人グッズを作成する時は、著作権に注意しましょう。

基本的にキャラクターやイラストには著作権があります。

著作権は著作者の許可なく無断で著作物を使用することを禁止できる権利です。

個人で楽しむことを目的とした著作物の使用は問題ありません。

自分で製作した同人グッズを販売して利益を得てしまうと、著作者に訴えられて罰金もしくは懲役の刑罰が下る可能性があります。

著作者によって著作権の取り扱い方が異なるので、著作権があるキャラクターを使用した同人グッズを製作したい場合は事前に著作権について確認しておきましょう。

漫画やアニメによっては著作者が同人グッズの製作や販売を許可している場合があります。

公式ホームページで著作権に関するガイドラインをしっかり確認してみましょう。

また公式グッズと似たデザインを製作しないように注意しなければいけません。

意図的でなかったとしても、公式グッズと同じような同人グッズを製作してしまうと著作者から通報されてしまう可能性があります。

発表されている公式グッズのデザインをこまめに確認して気を付けましょう。

自分だけの同人グッズを作ろう

手作りの同人グッズが完成したら、手元に製作した同人グッズが残るだけでなく自分でつくった達成感も感じられます。

全ての日用品を自分の好きなキャラクターのグッズで埋め尽くすことも可能です。

完成した同人グッズを自分で使って楽しめるだけでなく、製作したグッズのキャラクターが好きな人にプレゼントしたり、販売したりできます。