【自作痛グッズ】オリジナルアイテムで推しを応援しよう お勧めのグッズや作り方をご紹介

ハンドメイド・クラフト素材が急激に充実していくのに伴い、オリジナルグッズを自分で作るファンの方々が急増しています。

これらは痛グッズとも呼ばれており、作品は手作り感のあるあたたかいハンドメイドらしい仕上がりのアイテムから、プロの業者に頼んだようなデザインの本格的な作品まで様々です。

世界に一つだけの特別でスペシャルなグッズを自作してみませんか?

グッズを自作するメリット

グッズを自作するメリットを紹介します。

自分だけのデザイン

お気に入りのイラストを、自分の好きなアイテムに、自分の好きなように加工しデザインできるところが人気の理由です。

人と被らない

人気キャラのグッズはどうしても誰か、人と被ってしまうことがあります。

しかし、自作のオリジナルグッズであれば他人と被ることは絶対にありません。

どんなにお気に入りのグッズであっても、誰かと同じで被っていると判明した途端に、あまり持ち歩きたくなくなったり、気持ちが冷めてしまったりすることもあります。

オリジナルグッズなら、他人とのグッズ被りの危険性はありませんので、伸び伸びと持ち歩くことが出来ます。

低コストで制作できる

100均材料なら、超低予算でオリジナル感満載の、自分だけの特別な同人グッズを作成できます。

現在、100均ではハンドメイド用品が充実した品揃えになっていて、品質はとても高く、100円とは思えないものばかりです。

お店で痛グッズ1つ買う価格で、キーホルダーや缶バッチ、アクセサリーまでいくつも制作できます。

オリジナルアレンジができる

自分が描いた推しのイラストや、この表情が一番好き!という素材を、缶バッチやキーホルダー、スマホケース、何にでもデザインできます。

全て自分次第でレイアウトも考えることが出来ます。

好きなようにグッズを自由に作成できますし、デコレーションも自分のセンスだけで楽しむことが出来ます。

制作過程も楽しい

オリジナルグッズを作っている最中は、真剣そのものです。

推しのイラストや写真を見ながらする作業は、細かい作業でも苦痛に感じることは少ないです。

新しい趣味に昇格するほどハマる方も数多くいます。

愛が伝わるハンドメイド

商品化されている公式の同人グッズを買うよりも、自分でオリジナルのアイテムを制作した方が推しキャラクターへ愛が伝わります。

自分でも作れるオリジナル痛グッズ

参考にしたい秀逸な作品をご紹介します。

フェルトマスコット

材料で使用するフェルトやボンドなどは、全て100均で購入できますので、低価格でリーズナブルに作ることのできるアイテムです。

安全ピンなどを装備し、バッグやリュックに付けたりすると持ち運びもできるのでおすすめですよ。

自作ステッカー

オリジナルステッカーも自分で簡単に自作できるアイテムです。

100均で購入可能なシールの用紙を使用して、お好みの画像やイラストをプリントアウトし、切り取って形を整えればもう完成です。

ファン同士が交換しあうアイテムとしても定番の人気オリジナル痛グッズです。

フォトグレイ

小さな写真を縦にコラージュし、韓国風プリクラのようにデザインしたフォトグレイです。

メンバーや推しとのデート記念写真のようにも見えるので、アイドルを応援している方などには必須のグッズです。

こちらは、無料スマホアプリで手軽に制作できます。

プリンターが家にない方も、コンビニでプリントアウトできますので、簡単に作成可能です。

部屋の壁に飾るのもインテリア風になりオススメです。

チェキ風フォト

フォトグレイよりもサイズが大きいチェキ風のフォトは、渾身のお気に入りのイラストを使用し作成してみましょう。

余白部分にはあえてマジックで手書きして、チェキ感を更にアップしましょう。

何枚か連ねて、クリップで挟み壁に吊るして飾る方法か今時のお洒落です。

透明うちわ

公式のグッズと間違えてしまうほどのハイクオリティで高品質な透明うちわも手軽に自作できます。

作り方はいくつかありますが、インクジェットプリンターに対応している透明のフィルムを購入し、イラストを印刷して、うちわ型に切り取り、持ち手を取り付ける方法が、最も簡単な透明うちわの作成方法です。

フォトストラップ

CDについている紙を取り出し、好きなメンバーを切り取って100均で売っているキーホルダー自作用のストラップにはめ込めば完成です。

100均で購入できるフォトストラップにお気に入りのイラストをプリントアウトした紙をカットし、はめ込むだけなので、本当に時間も手間もかからずに制作できますよ。

プラバン

アクリル製スタンド付きマスコットをアクスタと呼びます。

コンサートやイベントでは必ず売り切れる人気グッズの一つです。

売り切れてしまって購入できなかった方も安心してください。

プラバンでオリジナルグッズを自作できます。

インクジェットプラバンを使用すれば、プラ板を直接プリントすることができますので、アクスタ作りに最適です。

焼くと縮むのでそれもしっかりと計算して、色の濃さを薄く調節してからプリントするのがポイントです。

仕上げに、UVレジンを塗布するとぷっくりとふくらみ光沢感が出て、クオリティが上がります。

トレカ

ラミネートフィルムも100均で購入できます。

大量に作ってファン同士で交換するのに最適です。

ラミネートにイラストを写し取り、紙を水ではがし制作する透明のトレカも、人気の自作痛グッズです。

缶バッチ

缶バッチの数が押しキャラへの愛の大きさ。

たくさんの缶バッチをつけた痛バッグを持ち歩きたい。

そんな熱狂的な方には、バッチが大量に必要です。

簡単に缶バッチを作成できる道具などもあるようですが、そのほかにも、100均で購入できるくるみボタン製作キットと安全ピンのみでもオリジナルの缶バッチを作ることが出来ます。

お金をかけずに手軽に量産できるグッズです。

自作Tシャツ

公式Tシャツは価格が高く、何枚も購入できませんが、自作のオリジナルTシャツなら格安で何枚も作ることが出来ます。

コンサートやイベントのグッズTシャツは価格が安いものではありません。

毎回全種類コンプリートして買うのはなかなかお財布に厳しいアイテムです。

100均で購入できるアイロンプリントシートを使用すれば、低予算で自分だけのオリジナルTシャツを制作できます。

自分の好きなイラストを選べて、デコレーションやデザインも好きなようにできます。

ピアス

ピアスパーツに、好きなイラストの紙を置いて、その上にUVレジンを流しこみ固めたオリジナルのピアスです。

耳のアクセサリーに推しキャラが揺れているととても幸せな気持ちになりますね。

手作りの推しキャラピアスで耳元を華やかにお洒落してコンサートやイベントに出向くのもグッと気分が上がります。

ラメ素材のストーンや、小さいビーズを使用してアレンジするとさらに高品質でこなれ感のある素敵な仕上がりになるのではないでしょうか。

ロゼッタ

コンサートやイベントの演出で風船が上から降ってくることが多くあります。

そこで運良くゲットできたら風船は捨ててしまわずにロゼッタに作り替えてみてはいかがでしょうか。

風船のまま置いておくと、劣化していつかしぼんでしまいます。

しかし、ロゼッタにすればそんな悲しいことも起こりません。

円の形をした厚紙に風船を貼り付けて、まわりにリボンを折りまげながら丁寧に貼り付けると完成です。

自作クッション

大好きな推しキャラのイラストをクッションにすると、思い切り抱きしめられるので、部屋に居ても推しへの気持ちを熱いものにしてくれます。

無地のクッションカバーへ転写する方法と、布にプリントアウトしてからクッションカバーに裁縫する方法の2つがあります。

布にプリントしてくれる業者もあるので、是非調べてみてください。

サイリウム

推しキャラのイメージカラーと合わせることで、華やかな演出ができるだけでなく、推しキャラへ熱い想いを推しや周りのファンに熱烈にアピールできる定番のグッズです。

スマホケース

アイドルの間では定番となっているスマホケースです。

最近では、二次元の同人グッズなどでも流行しています。

完全オリジナルのデザインで作ることができますので、初心者でも簡単に、自分でデザインしたスマホケースを持ち歩くことができます。

100均に売っているクリアケースとスマホの間に印刷したイラストや画像を挟むだけという、お手軽な自作グッズです。

誰でも失敗せずに作ることができます。

気分次第で中身を取り替えて、着せ替え放題なのがこのスマホケースのメリットです。

すぐにスマホケースの柄やデザインに飽きてしまって新しいものに変えたくなる、そんな人におすすめです。

下敷き

硬質カードケースの中に、好きな推しキャラのお気にいりの切り抜きを挟んで制作します。

多くのファンが一度は作ったことがあるのではないかなと思います。

硬質カードケースも、もちろん100均で買うことが出来ます。

ラミネートで制作したものよりも硬度があるので、破損しにくく、持ち運びにも便利です。

下敷きとしても使いやすくオススメです。

クリアの透明タイプの下敷きを使用し、油性ペンで推しキャラクターを描けば、もうオリジナル下敷きの完成です。

写し絵をすれば、簡単に失敗なく作ることが出来ますよ。

自作ペンライト

ペンライトの中に投入し、オリジナルで着せ替えを楽しむことのできるペンライトシートは、OHPシートにイラストをプリントアウトするだけで手軽に作ることができます。

ペンライトの本体部分、100均のLEDライトを購入し、液のりの空ケースをひっつけて、カラーセロファンでカラーリングすれば完成します。

デコピルケース

ピルケースの蓋のサイズ感に合わせて画像を貼り付けてUVレジンを流し込み硬化させ、仕上げにストーンを配置すると完成です。

デコレーションのやり方次第で高級感もアップするオリジナルのグッズです。

同様に、レジンとストーンのデコレーションで、フリスクのケース、電子タバコケースなど、オリジナル痛グッズに大変身させることもできます。

シール

どこでも貼ってアレンジできるシールは、可愛いイラストを描くと簡単に推し応援グッズに大変身します。

サイズや形も、好きなように調整できますので、初心者の方にまずおすすめするオリジナルグッズです。

カレンダー

カレンダーの空白の部分にイラストを描いたり、印刷して貼り付けたりして、無地のカレンダーを痛グッズに変身させることが出来ます。

毎月デザインや登場キャラを変えることで、日々の楽しみになります。

マグカップ

好きなアニメのネームなどを入れるだけで完成するシンプルでおしゃれなデザインのマグカップです。

日常でも使えるので、さりげない推し応援アイテムとしても人気です。

便箋

便箋は痛グッズ中でも、低予算で制作できるグッズとして、息の長い人気のアイテムの一つです。

デザインの自由度が高く、どんなイラストでも使用可能ですので、痛グッズにぴったりのアイテムですよ。

ポーチ

推しキャラクターを印刷したポーチです。

ポーチは、特に女性の方は、毎日持ち歩く方も多いアイテムですので、使い道のある推しグッズとして人気です。

女性向けのアニメやキャラなどが印刷されたポーチをよく見かけます。

コインケース

無色のバックプリントに、少しだけカラーリングしたキャラクターを描き、シックでシンプルなデザインのコインケースです。

ぱっと見ただけでは、推しグッズだとは分かりにくく、オフィシャルな場面でもさりげなく使うことのできるデザインになっています。

片面だけにイラストを印刷したり、全体にデザインを施したり、さまざまなデザインで制作できます。

マグネット

冷蔵庫に貼り付けておくと、手紙やメモなどをぱっとリマインドできる便利なマグネットです。

こちらも、痛グッズとしては定番で、シリーズで推しをプリントアウトして何種類も作りたくなるグッズです。

イラストを、UVレジンを使用し硬化させて、マグネットに接着するだけで完成です。

もしくは、100均で購入できる「ガラスマグネット」を丁寧に分解し、マグネットとガラスの間に、推しのイラストや画像を挟んで制作する方法もおすすめですよ。

定番のラミカ

100均の「セルフラミネート」を使用して簡単に制作することが出来ます。

ラミネートとは、「ラミネートフィルム」というもので紙やイラスト、写真を挟んで、熱で圧着することを表します。

また、このようにして加工を施すことを「ラミネート加工」と呼びます。

フィルムの間にラミネートしたいイラストなどを挟んで、定規や長い棒を使い丁寧に圧をかけ空気を抜き、余分な部分を切り取れば完成です。

カード、シールを作る際にも使えます。

手書きのイラストをラミネートしてラミカを制作する際は、発色の良いペンで描けばラミネートした後も鮮やかな色味の仕上がりになります。

おすすめのペンは、コピックです。

一番発色が良いペンはやはりコピックで、有名なイラストレーターさんの大半は使用しています。

ほかのペンと比較しても格段に発色が鮮やかで、カラーの調整や、重ね塗りも鮮やかに仕上がります。

ラミネートするとさらに鮮明でビビットな発色になります。

イラストを描く方は是非購入してみてはいかがでしょうか。

ラミネーター不要の手貼り式ラミネートフィルム

ラミネート用専用マシンのラミネーターを使用せずに、手作業で手軽にラミネート加工を施すことができるラミネートフィルムもおすすめです。

ラミネーターを使うよりも少し割高になりますが、ラミネーターを購入しなくてもいいので、すぐに制作に取り掛かることが出来ます。

ちょっとしたラミネートや小さいもの数枚なら手貼り式を使用するのがおすすめです。

もちろん防水加工ずみで、退色保護もしてくれます。

機械を使用せずに熱をかけず圧だけで閉じるので、写真素材や、ビニール素材用紙などの、熱に弱い素材をラミネートする場合でも使えます。

シールのように用紙を挟んで手で圧着するだけなので、手軽に、少しの枚数のラミネートなら安く短時間で作ることができます。

シールをはがし、角を綺麗に合わせたりする工程にはコツが必要です。

慣れるまでは、多めに購入して練習するのがいいかもしれません。

1パックに3枚ほどしか封入されていないので、もし失敗してしまうとラミネーターを使うタイプと比較した際に割高な印象です。

ほんの数枚だけをラミネート加工したいときなどは、是非手貼り式のものも検討してみてください。

手作り痛グッズで推しを応援しよう

オリジナルグッズは誰でも手軽に自作できます。

愛情溢れるハンドメイドの手作りアイテムは、実は手軽に低予算で制作できます。

そして推しへの愛をもっと表現したい、そんな方はオリジナル同人グッズラボを利用してみるのもおすすめ。

自分だけのデザインで1個から痛グッズが作成可能です。

手軽に作れるものから、少しずつオリジナルグッズの作成に挑戦してみてはいかがでしょうか。