小ロットで一個から作れる、スマホ関連の同人グッズノベルティ制作特化!

同人グッズの選択肢は大きく広がっています。

かつては個人でも制作できるシールや便箋が主流でしたが、今では印刷会社・グッズプリント会社を利用したよりきっちりと制作された同人グッズも珍しく無くなりました。

その中でも特に、誰でも持っている日用品、スマホケースにもオリジナル・同人プリントをして楽しむ人が増えてきています。

一個からの小ロット可!お手軽にオリジナルケースを制作!

同人グッズラボは2019年現在、最も安価な商品で、薄く衝撃に強いポリカーボネート(プラスチック)素材・UV印刷のスマホケースを一個820円(税抜)での製作を受け付けています。

こうしたプリント製品は取り扱う会社によっては、素材の違いはあれど1,500円を超えるオリジナルケースも存在しています。

およそ半額近い価格から、まずお試しで作ってみるには比較的手を出しやすい価格です。

また、一個から注文可能なので必要な数だけ作ることが出来ます。

最新機種も対応中!お気に入りの写真・イラストで簡単デザイン作成

オリジナルスマホケースを作る上で、必須なのが写真・イラストといった図版です。

スマホ機種ごとに様々にあるケースの型、テンプレートに合わせて、注文時にデザイン作成をする事が出来ます。

デザインは「表面のみ」から側面部分まで印刷してくれる「側表面」印刷まであり、細部までこだわりたい人にも嬉しい商品カテゴリが用意されています。

機種の中から選ぶ、あるいは自分の使いたいケース形状から選ぶ事ができ、豊富に用意されたカテゴリであっても迷わず自分の欲しいケースが見つけやすい仕様になっています。

特にiPhoneケースは種類が多く、16種類の中から選べます。

背景透過サービスも完備

画像や写真の画像の余計な背景を省きたい場合、専用の画像編集ソフトやサイトを利用して画像を用意しなくてはいけません。

しかし多くはパソコンを前提とした作業になり、画像サイズの大きな画像はスマホアプリでは作業時間がかかるとされています。

しかし、同人グッズラボではデザインに使用したい画像の背景透過を無料で行ってくれるサービスがあります。

画像の状態やサイズによって完全な対応が難しいものもありますが、それでもサービス自体が無料かつ、デザイン注文と同時に背景透過を依頼出来る為、やりとりの手間が最小で済むという利点のある良心的なサービスです。

ちょっとストップ、その図版は大丈夫?版権画像の取り扱い

もし作りたいケースが有償であれ無償であれ、他人へと渡す事を目的としていた場合注意が必要です。

たとえ無償のプレゼントであっても、版権元が取り扱っている公式画像、アニメのワンシーンや漫画のコマ・表紙などを使って作成すると「個人による私的利用」の領域を超えるとされています。

特にノベルティとしての頒布は、公式画像なら完全にアウト、二次創作画像であっても現状は黙認されているだけ、というグレーゾーンです。

ただし、昨今では同人界隈の一般化を受けて、こうした「私的利用」の解釈を緩く、あるいは逆に厳しくしている版権元もあります。

不安であれば公式サイト等で確認し、物によっては自分用にだけ留めておきましょう。

何故公式画像・二次創作画像を使ってはいけないのか

版権元企業は本来、その作品のグッズでも収益を得ています。

しかしイラストが上手く素材の質の良い同人グッズが、個人制作というフットワークの軽さから企業よりも先に出されてしまう事で、本来企業が得られる筈だったグッズ収益が削減してしまう恐れがあります。

当然ながら、収益が少ないコンテンツは次回作、別メディア展開といった次のコンテンツの始動が行われにくくなります。

悪質なゲームセンタープライズ企業の中には上手いインターネット上のイラストを勝手に利用し、グッズ印刷・販売している所もあり、企業のみならず絵を描く人々を悩ませています。

ネット上で同人、ノベルティで調べてみると、少数頒布や必要数だけのロットが推奨されているのはこうした背景があります。

オリジナルグッズとしての用途もある

スマホケース・アクセサリーのプリント用途はそうした版権画像を用いた同人グッズだけに留まりません。

一次創作によるオリジナルグッズの他にも、企業キャラクターを用いたグッズ展開、企業ロゴを入れての記念品作成にも役立ちます。

また勿論、企業として販売する用途もあります。

特にスマホ落下を防ぐスマホリングは、観戦・応援する側が激しく動く事もあるスポーツやアイドルのイベント会場物販では実用的な記念品として人気があります。

店舗経営・イベントや音楽活動のオリジナルグッズ

マスコットが居る企業、店舗であり、キャラクターデザインの使用権を自社が持っている場合にはオリジナルグッズとして販売や配布が可能です。

地域の人の目に馴染んでもらうには、愛嬌のあるキャラクターグッズは最適です。

価格帯も790円から作成出来るお手頃価格で、販売する際も購入者の手に届きやすい価格に押さえられます。

企業イベントの記念品としての贈呈にも向いています。

また、何らかの音楽活動をしている人も、自グループのロゴ・イメージイラストが入ったスマホケース・アクセサリーもまた、ファンの「応援したい」「好きだとアピールしたい」気持ちを満たすアイテムとして高い人気を誇っています。

小ロットだけではない!100個から大量注文にも対応可能

小ロットからの注文が可能であるとここまで述べてきましたが、同人グッズラボでは法人注文は勿論、個人でも100個以上の制作希望も歓迎しています。

同人グッズラボはオリジナルラボ株式会社が運営するサービスの1つです。

丸井織物株式会社という大手合繊織物メーカーを親会社に持ち、元々はオリジナルTシャツ作成・プリント事業を行っていました。

高いプリント品質・最短発送のこだわりから、企業依頼も多く請け負ってきた実績があります。

そのノウハウを活かして始まった2018年6月新サービスが同人グッズラボです。

培われた確かな印刷品質の高さと最短発送、そして企業・法人依頼を請け負ってきた確かな生産力があります。

在庫が出ない販売方法!直送機能とは

ネット注文という利点を生かした、販売側が在庫を抱えないまま、注文してきた第三者に同人グッズラボから直接商品を配送する事が出来る直送機能が同人グッズラボの大きな特徴です。

デザインを持つ販売者は手元に在庫が無い状態で注文を受け、それを同人グッズラボに依頼し、その際に注文者の名称・配送先を指定するだけで販売者側の処理が完了します。

従来では、在庫が無い状態では新たに作るか断るしかありませんでした。

また在庫がある状態でも、梱包から配送準備の負担が販売者にかかっていました。

直送機能とはそうしたコスト無く直接届けられる画期的なシステムです。

一点物のスマホケース・アクセサリーで特別感を!

昨今ではグッズ展開が広がってきた企業公式の商品もありますが、まだまだそうした手が広げられない版権元や、既にそうした展開自体が終了してしまった作品もあります。

現代ではそんな作品であっても、好きだという気持ちと画像さえあれば、誰しも常に持つスマホに、その存在そのものやイメージしたデザインをプリントして身近に持つ事が可能です。

価格帯としても小ロット注文としても、決して敷居は高くありません。

多様なプリント企業のサービス展開により、誰でも子供の頃に好きだったあの作品の、あなたの為だけに存在するグッズが作れます。