同人グッズノベルティはここまできた!一個から作れる小ロット制作のオリジナルラボ!

同人イベントの現場で頒布されているのは、同人誌だけではありません。

コミックマーケットや地方の同人イベントを問わず、同人グッズもまた同人イベントに欠かせない頒布物として地位を確立しています。

しかしグッズによっては頒布物がさばききれず手元に在庫として残ってしまい、困ってしまう作家さんも少なくありません。

どんなノベルティなら手に取ってもらいやすいのでしょうか。

同人グッズノベルティの今昔、最近の主流は?

同人グッズ、ノベルティと一口に言っても、今やその種類は膨大なものとなりました。

コミックマーケット開催当時は殆どが紙媒体、紙関連のノベルティだったものが、Tシャツやタオルといった縫製品に広がり、今やスマホケース・スマホアクセサリーまでノベルティの範疇として頒布されている事も少なくありません。

かつて一般的だった便箋、ポストカード、ラミネートカード

キャラクターの一枚絵を描き、それを元に印刷作成できる便箋やポストカード、ラミカはグッズ制作に不慣れな作家さんにも簡単に作れるグッズとして人気でした。

パソコンや携帯電話の普及率がまだ低かった頃は、同人作家の友達同士のやりとりはこうした便箋が実際に利用されていた時代がありました。

〜1990年代頃まで実用的でしたが、2000年前後から徐々にパソコン・インターネットが一般的に普及し、便箋が使われる機会は減り始めました。

そして携帯電話やスマホの普及に伴い、利用頻度は大きく落ちています。

今では懐かしさからのリバイバル・観賞用として作成されている事があるノベルティです。

アクリルキーホルダー、缶バッチ

ノベルティと言えば、まずこれらのグッズが浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

キャラクターを主体に、鞄や携帯につけることでそのキャラクターが好きだと手軽にアピール出来る、気軽に手元に持てるグッズの代表格がこれらの小型グッズです。

王道中の王道で、初心者問わずベテラン問わず作家さん側としても手を出しやすいグッズです。

反面、一個からのロットを受けつけているプリント会社は少なく、在庫になりやすいグッズです。

ハンカチ・タオル・バスタオル

日用品として使えて、かつキャラクターを身近に感じられるノベルティとして人気なのがこうしたハンカチ・タオル・バスタオル類です。

特にタオルは日用品としての利用のみならず、そのキャラクターが登場している作品での地方現地イベントの開催、作品によっては公式にバンドステージイベントが開催される際に、首から下げるアピールアイテムとしての実用性があります。

近年増えてきたスマホ関連品

ガラパゴス携帯電話が普及していた頃は、携帯電話に使い易いノベルティとしてキーホルダーが人気でしたが、スマホではスマホケースそのものがノベルティの選択肢として存在しています。

こちらも実用性が高く、同時にその作家さんの構成力や画力がダイレクトに反映されるノベルティです。

ジャンルを問わず、その作家さんのイラストに惚れ込み、絵を身近に感じていたい人にはうってつけの商品です。

グッズラボが提供する、ノベルティに使える500個以上の選択肢

まだまだ種類が豊富なノベルティの選択肢ですが、特に実用品に舵を取ったノベルティ作成に強いのがグッズラボです。

グッズラボとは、縫製品大手企業である丸井織物株式会社を親会社に持つオリジナルラボ株式会社が運営する、オリジナルプリントサービスの1つです。

オリジナルTシャツプリントでの専門事業を行い、その培った印刷面やノウハウを様々な分野のグッズでのサービスに活かしています。

写真・イラストさえあれば、こうした様々な商品をオリジナリティ溢れるノベルティにする事が出来ます。

普段使いから子供服、ふんどしまで!豊富なアパレルグッズ

グッズラボの特色として、そのアパレルグッズの豊富さが挙げられます。

元々オリジナルTシャツプリント事業を行っていた事もあり、衣服へのプリント技術の質の高さは折り紙付きです。

一般的なTシャツ、パーカーだけでも数種類ある他にも、キッズTシャツやベイビービブ(前掛け)、ベイビーロンパースといった子供服から赤ちゃん向けの商品もオリジナルプリントによるノベルティを作ることが出来ます。

更にコアなところでは、長さ91cmのふんどしを赤・白2色から選び、図版を用いたデザインで作成することが可能です。

ふんどしの締め方まで注文ページにて解説が入れられています。

日用雑貨から文房具も、スマホグッズも大充実

実用面からイロモノ要素まで取りそろえたアパレルグッズですが、グッズラボでは他にも日用雑貨・文房具の種類の多さも特徴です。

日用雑貨は特に幅広い商品が揃っています。

パスケース、IQOSケース、コインケースといった用途別のケース・ホルダー類もあれば、ゴルフボールからBluetoothスピーカーまで、ノベルティに留まらずオリジナルプリントのプレゼントとして贈れてしまうようなチョイスが揃えられています。

また、スマホグッズは別サービスで展開している事もあり、200種類以上の選択肢から選べます。

こだわりある人には嬉しい選択肢の多さです。

トートバッグ専門!24種類から選べるトートバッグラボ

同じくオリジナルラボ株式会社が運営しているもう1つのサービスに、バック類に特化したトートバッグラボがあります。

名前の通り、多くはショルダートート、デニムトート等のトートバッグをメインに、サコッシュ、クラッチバッグ、ポーチも取り揃えています。

特にキャンバストートバッグ、コットンバッグは同人イベント現地で同人誌を入れて置けるバッグとして最適で、イベント現地から早速使える実用的なノベルティとしての強みがあります。

またこうしたバッグ商品は版権公式が売り出すグッズではキャラクターが前面に押し出されやすく、普段使いには向かない事もあります。

しかし同人ノベルティならばキャラクターの色をさりげなく配置した、キャラクターそのものよりも普段使いに重きを置かれたグッズを作れます。

オリジナルグッズは敷居が高い?一個から頼める小ロット制作!

さて、ここまでグッズラボ・トートバッグラボで作れる様々な商品の一部を紹介してきましたが、ここまで紹介してきた全てのグッズは、一個から注文・作成する事が可能です。

個人用、或いは友達や身内用に、小ロットから注文できます。

その為、グッズ制作において敷居の高さだった、最低注文数が定められている=在庫を抱えてしまう問題がありません。

その点においてとても敷居が低いノベルティ作成が出来る注文形式になっています、また、商品によっては、注文個数によっては一個あたりの単価が割引されていく商品もあり、小ロットだけではなく大量注文にも対応しています。

世界に一つだけのグッズが簡単に!

従来の同人ノベルティ商品にフォーカスして、それらの小ロットに対応しているプリントサービス事業は多く存在しています。

しかし、グッズラボの豊富な実用品の選択肢はそれだけ「世界に一つだけ」のグッズ制作に適しています。

自分の推しを自分で描く、或いは公式から画像をデザインして自分へのプレゼントにする事も出来れば、誰かの推し・創作キャラクターをあなたの絵柄で描き上げた、唯一無二のプレゼントを作る事も出来ます。

版権の場合は二次創作ガイドラインを確認し、後顧の憂いなく世界に一つの推しノベルティを作っていきましょう。