手帳型スマホケースでも自作OK!同人系の人たちに学ぶ痛スマホケースの作り方

好きなキャラクターグッズをいつでも身につけていたいという場合、一番おすすめなのは痛スマホケースを作ることです。

スマホは肌身離さず持ち歩くことが多いですし、スマホケースならある程度の大きさの絵を使用することができるからです。

痛スマホケースって何?

同人誌好きの人って、よく大好きなキャラクターを使って、自分の車やスマホケースをデザインしていますよね。

同人誌好きの人たちだけでなく、熱狂的なファンが多いジャニーズファンの方々も、よくお好きな推しメンの写真をご自身のスマホケースに入れて、オリジナルのスマホケースにアレンジしています。

このように、自分が好きなキャラクターやアイドルを使ってデザインされたスマホケースのことを、「痛スマホケース」と呼びます。

もしこれが、車にデザインされていれば、「痛車(いたしゃ)」、バッグにデザインされていれば、「痛バッグ」となります。

痛スマホを作るメリットとは

同人誌を扱っているお店では、もちろんキャラクターをデザインしたグッズを数多く取り揃えていますよね。

しかし中々、自分が好きなキャラクターが、自分の好きなデザインで、描かれているものが見つかりません。

あるいは、見つかったとしても値段がかなり高額だったりすることもあります。

そんな時、自分で好きなキャラクターをデザインしたスマホケースを自作してしまえば、満足できますし、何より費用があまりかかりません。

また作る過程を楽しむこともできます。

ドン引きされてもめげない!痛スマホケースを自作してみよう!

同人の世界をあまり知らない人から見れば、この痛スマホケースは、かなり衝撃的に見えます。

キャラクター愛が強すぎるイラストを使用していれば、なおさら周りから引かれてしまうでしょう。

しかし、痛スマホケースを自作することで、世界で一つだけのスマホケースを作ることができます。

デザインが苦手という人でも、簡単に自作することができますから、まずは、どのようにして痛スマホケースを作る事ができるのか見ていきましょう。

誰でも簡単にできる!痛スマホを作り方

一番手軽な痛スマホケースの作り方

一番簡単に痛スマホケースを作る方法は、お好きな画像を切り抜いて、それをクリアのスマホケースに入れる方法です。

ネット上には、自分の好きなキャラクターをデザインした画像を探すことができるはずです。

そこから、好きな画像をダウンロードして、それをプリントアウトし、スマホケースの形にくり抜いて、スマホケースの中に入れてしまいましょう。

もし、アドビのillustratorやphotoshopなどを使うことができれば、スマホケースにちょうど良いサイズになるように画像の大きさや色合いなどを調節してプリントアウトしてください。

痛スマホケースの自作に必要なもの

ご自分の身の回りにある文房具を使って、プリントアウトした画像を切り抜くことはできますが、もっと綺麗に作業を行いたいと思うのであれば、次のものを使用することをおすすめします。

デザインナイフ

普通のカッターでも切り抜くことができますが、デザインナイフを使ったほうが、細かい作業がしやすくなるので、おすすめです。

クリアのスマホケース

お手持ちのスマホケースに画像を貼るのも良いですが、画像を変更したくなったら剥がさなくてはならなくなるので面倒ですよね。

クリアのスマホケースなら、お好きな画像を入れるだけですし、簡単に画像の変更ができます。

100均でも購入することができるので、ぜひクリアのスマホケースを用意してください。

レジン

単に画像を入れるだけでなく、台紙などの上に画像を貼って、それをクリアのスマホケースに入れることもあります。

その際、仕上がりの良さを気にするなら、好きな画像が剥がれないように、レジンを使ってください。

上から塗ることで、画像が剥がれにくくなるだけでなく、画像と台紙の段差を無くして、フラットな面にすることができます。

レジンは塗ってしばらくすれば固まりますが、UVライトペンを使えば、すぐに固めることが出来るので便利です。

ちなみに、UVライトペンも100均で販売しています。

それでは実際に痛スマホケースを自作した人の作品を見ていきましょう!

痛スマホケース1 『透明フィルムに印刷する方法』

[必要なもの]

  • クリアタイプのスマホケース(ハードケースfor SoftBank 003SH)
  • 透明光沢フィルム(A.one 品番28791)
  • ホワイトスプレー(タミヤ PS1 ホワイト)
  • 霧吹き
  • 中性洗剤と水
  • ハサミ・カッター

痛スマホケースの製作者は、ご友人に頼まれてスマホケースを自作してあげたようです。

スマホケースはSoftBankのものを使っていますが、クリアタイプのスマホケースであればどのメーカーのものでも構いません。

実際に痛スマホケースを自作していらっしゃる方たちの間では、100均のものを使っていらっしゃる方が多いです。

痛スマホケースに飾りたい絵柄をチョイスしたら、透明フィルムに印刷します。

注意すべきは、左右反転させて印刷すること。

そうすることで、スマホケースに貼った際に、文字などが反転するのを防ぐことができます。

透明フィルムに印刷したものを、カッターなどを使って上手に切り抜きます。

ここが痛スマホケースの仕上がりが美しくなるかのポイント!

同人系の人は、このような細かな作業が大好きな人が多いですよね。

カッターなどをうまく使って、細部まで綺麗に切り抜いています。

うまく切り抜いたら、印刷した面に、ホワイトスプレーを吹きかけて、乾くまで2~3日放置します。

乾いたら、これをスマホケースに貼るわけですが、多くの人は、スマホケースに貼る際に、よれたり気泡が入ったりというミスを犯してしまいます。

同人系の人は、ここでもまた技を見せてくれていますよ!

水に2~5%の中性洗剤を入れて、それをフィルムの粘着面とスマホケースの内側に霧吹きで吹きかけてから、フィルムをスマホケースに貼り付けます。

ヘラなどを使って気泡を押し出し、2?3日かけて乾かします。

さすが同人系の人は、手先が器用な上に、美的感覚がするどい!

素人が自作したとは思えないほどの、美しい仕上がりになっています。

痛スマホケース1 『布に印刷する方法』

手帳型のスマホケースをお持ちの場合、先にご紹介したように、透明フィルムで製作する方法では、痛スマホケースを作ることができません。

手帳型のスマホケースの場合、布にお好きなデザインを印刷して貼り付けるのが、おすすめの方法です。

[必要なもの]

  • 手帳型のスマホケース
  • カッターとボンド

手帳型のスマホケースに貼り付けたい絵柄をチョイスし、それを布に印刷します。

あとは、印刷された布を、手帳型のスマホケースの形に切り取り、それをボンドを使って貼り付けるだけです。

スマホケースの大きさに合わせて、絵柄を印刷するのが、多少手間がかかるかもしれません。

しかし、あとは貼り付けるだけで、それほど難しくないので、手先があまり器用でないという人でも、気軽にチャレンジできますよ。

手帳型のスマホケースなので、布を貼り付けることで、布の手触りを楽しむことができます。

しかも、ちょっとしたブックカバーのような存在感を楽しめるのも、布を使うメリットと言えますね。

痛スマホケース3 『ストーンを使ったデコレーション方法』

女性の痛スマホケースで多いのが、ストーンやグリッターをこれでもかと使って、デコレーションされたものです。

自分が大好きなキャラを全面に打ち出したデザインは、まさに脱帽もの!

ストーンやグリッターを扱うのは、少々テクニックが必要ですが、慣れてしまえば、誰でも自作できるようになりますから、キラキラしたものがお好きなら、ぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか。

それでは、ストーンやグリッターを使った痛スマホケースを3点ご紹介します。

デコ力高い!リヴァイの痛スマホケース

進撃の巨人のリヴァイ愛に満ちた痛デコのスマホケースです。

「人類最強の兵士」の異名を持つリヴァイらしい、強さとしたたかさを感じることができるデザインですよね。

リヴァイへの愛が、これでもかと溢れています。

色の使い方が抜群!ラムちゃんの痛スマホケース

いつの時代にも愛されるキャラクターであるラムちゃん。

ピンクやライトブルーなど、カラフルな色合いが溢れていて、ラムちゃんの可愛さがよりアピールされているデザインとなっています。

とにかくキュートな魅力満開です!

まるで水墨画?!巧みなモノトーン使いが憎い痛スマホケース

セガゲームスのアクションゲームといえば、「龍が如く」ですよね。

その登場人物である真島吾朗をデザインした痛スマホケースです。

ストーンを使ったデコレーションの中でも、モノトーンの世界だけでデザインを描くのは、かなり大変!

ですが、この痛スマホケースでは、見事に白と黒の濃淡で、真島吾朗を描き切っています。

また右下の赤いロゴも、モノトーンとは対照的で、素敵です。

まさに姫デコの極地!好きなものデコ盛りの痛スマホケース

ストーンやグリッターでデコレーションするのも良いですが、もっとオリジナリティ溢れる痛デコを楽しみたいなら、写真のように、立体的な痛デコにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

セーラームーンの痛スマホケースなのですが、キャラクターよりも、ロッドが全面に出しているので、見る者の関心を引きますよね。

自分で描いてみるのもあり!水彩画のような痛スマホケース

絵を描くのが得意な人の場合、お好きなキャラクターを自分で描いてみるのもありです。

写真は「あんさんぶるスターズ!」の姫宮桃李のデザインです。

まるで水彩画のような淡いタッチで描かれており、キャラの世界をうまく表現していますよね。

レジンで作る痛スマホケース

痛スマホケースの作り方は、人それぞれ。

中にはレジンを使って、独自の世界観を表現する人もいます。

レジンとは樹脂という意味で、スマホケース作りに使われるのは、UVレジンの方です。

光に当てると、約5分で硬化してくれるので、スピーディーに痛スマホケースを自作することができます。

レジンで形を作って固め、またその上からレジンを塗って固めるという作業を繰り返すことで、立体的な痛スマホケースを作ることができます。

作り方は簡単で、まず、スマホケースの内側に、デザインを書いた紙を、マスキングテープなどを使って貼り付けておきます。

そのデザインの通りにレジンを落として固めていくことで、立体的なデザインに仕上げていきます。

紫陽花のドライフラワーで立体的にアレンジ

紫陽花にドライフラワーを綺麗に並べて、レジンで固めた痛スマホケース。

レジンを使えば、ドライフラワーが持つ可憐な美しさを、こんなに生き生きとした感じで表現することができます。

するどい美的感覚が必要ですが、レジンで痛スマホケースを作りたいと思うなら、ぜひチャレンジしてみたい作品ですよね。

可愛い!アンパンマングミ風

同じくレジンで作った痛スマホケース。

あらかじめアンパンマンのグミの形をレジンで作っておきます。

そのアンパンマンをクリアのスマホケースに並べて、上からレジンで固めて作っています。

アンパンマンのグミの型にレジンを流し込む時、どうしても空気が入って気泡ができてしまうので、爪楊枝などを使って、気泡を潰すようにしていくと、綺麗なアンパンマンのグミが出来上がります。

アンパンマンのグミの形はカラフルで可愛いですし、とても美味しそうですよね!

痛スマホケース自作と著作権法違反

ネット上から画像をダウンロードして、それを使って痛スマホケースを作る場合、個人で楽しむという目的だけにしておきましょう。

痛スマホケースの出来栄えが良いと、周りの人から「私も作って!」なんて言われるかもしれません。

しかし、勝手にグッズを作ってそれを販売してしまったりすると、著作権法違反として、処罰される危険性があるからです。

とにかく自分で作って楽しむのが、痛スマホケースを作るメリットです!

オリジナリティ溢れる痛スマホケース作りを!

ご紹介してきたように、多くの人が、自分の愛する同人系のキャラクターなどを使って、痛スマホケース作りを楽しんでいます。

使用するスマホケースは、手帳型でも良く、それぞれのキャラクターの良さが引き出せるデザインにしています。

みなさん、思い思いに自分なりの痛スマホケースを自作していますが、ここまで凝ったものを作るのは難しいものですよね。

しかし同人グッズラボを使えば、どんなにデザインをするのが苦手な人でも、不器用な人でも、素敵な痛スマホケースを1個から製作することができます。

ぜひ、同人グッズラボを利用して、オリジナリティ溢れる痛スマホケースを作ってみてくださいね!