同人イベントの差し入れは何が喜ばれる?おすすめの品や注意点

同人イベントではサークル作家さんや会場で出会う人に差し入れを行う風習がありますが、その際の品物はどんなものでも良いというわけではありません。

差し入れする品物によっては失礼をしたり困らせてしまうこともありますので、気をつけましょう。

どういったことに気を付けたら良いか、マナーをきちんと学んでおいてください。

相場やマナーを知っておこう

同人イベントに参加する際の欠かせないサークルさんへの差し入れですが、知っておくべきマナーや相場についてはあらかじめきちんと学んでおかなければなりません。

差し入れにおいて失礼や困らせてしまったりすることの無いよう守るべきルールを心得ておきましょう。

イベント終了後に気まずい思いをすることの無いよう、どういったことについて注意していくべきなのか理解しておいてください。

高価過ぎるものはNG

差し入れをする際、あまり高価なものを送ってしまうと気を遣わせてしまうので気をつけましょう。

同人イベントにおける差し入れの相場は数百円~千円以内が基本なので、覚えておいてください。

高価なものを貰って喜ぶ人も当然いますが、あまり突出したものを送ってしまうと差し入れをする他の人達の気が引けてしまうのでこの点についても配慮が必要です。

気持ち程度のささやかな品物を差し入れするというのが基本なので、よほど仲が良い人でない限りは数百円ほどの品物をセレクトするようにしてください。

生鮮食品・かさばるもの・手作りは困らせてしまうので控えよう

差し入れをする品物について、冷凍や冷蔵保存が必要となる生鮮食品や大きくかさばるものを選んでしまうとサークルさんを困らせてしまいます。

同人イベント会場のサークルスペースは最低限の広さしか無いため余計な荷物が増えると困ってしまうので、大きいものを差し入れすると置き場所に困ってしまいます。

また当然冷蔵、冷凍が必要なものを差し入れされても満足な保管をすることはできず、イベント会場を後にする時にはダメになっていたというようなことも出てきますから、生鮮食品を送るのはNGです。

手作りのお菓子なども、知らない人が作ったものを貰っても困ってしまうのが当たり前ですから差し入れするのはやめましょう。

差し入れの内容によっては季節を考えて

差し入れをする際には、品物と季節についても配慮が必要です。

例えばチョコレートなどのお菓子を差し入れする際、夏だとどろどろに溶けてしまうことが考えられます。

一見差し入れとしてメジャーな品物でも状況によってはサークルさんに迷惑をかけてしまうこともありますから、気を利かせていけるようにしましょう。

チョコレートの他には飴なども一塊になったり張り付いてしまったりすることがあるため注意が必要です。

お菓子などの食べ物を差し入れする際には充分注意をしていきましょう。

未開封のものが基本

差し入れをするものについては未開封が鉄則です。

一度開封したものを貰って嬉しい人は居ませんから、中身の確認、お手紙を入れたいなどの理由で開封したりするのはやめましょう。

またお菓子などを差し入れする場合、大袋入りのお菓子を少しずつ配るといったこともよくありますが、小分けにしたお菓子には個別に賞味期限が記載されていないことも多いので気を付けてください。

小分けのお菓子を開封したものと捉える人もいますし、賞味期限の記載されていないものに抵抗がある人もいますから細かく配慮していけるようにしましょう。

食べ物はアレルギーも考慮して

差し入れの定番である食べ物ですが、人によってはアレルギーの問題を抱えていることも多いため配慮が必要です。

アレルギーについては差し入れを考えている本人に直接伺いを立てなければ知る由がありませんので、気を遣うのであればSNSなどを利用してアレルギーを抱えていないかなどを事前にチェックしておくと良いでしょう。

サークルさんによってはイベントの前になると差し入れに関するツイートをしていることも多いため、目を通しておくのがおすすめです。

中にはお菓子類の差し入れは受け取らないなど明言しているようなサークルさんもありますから、知らずに失礼をしてしまうことの無いよう情報収集をしておくことは大切です。

名前を書いておくと誰から貰ったか解って助かる

サークルさんと知り合いであれば、差し入れする品物に名前を書いておくことをおすすめします。

サークルさんは色々な人からたくさんの差し入れを貰うためイベントが終わってから確認をした際にどれが誰からもらったのか解らなくなってしまうということがよくあります。

特に知り合いの人からもらった差し入れがどれかわからずお礼を言えないというようなことは起きがちですから、気遣いとして差し入れに自分の名前を書いておくと喜ばれるでしょう。

差し入れに直接書き込むのは流石に気が引けますから、ふせんやお手紙とセットにして渡すといった工夫をするのがおすすめです。

喜ばれる人気の差し入れはコレ

同人誌即売会のイベントにおける差し入れにもやはり人気、定番と化しているものがいくつかあります。

他の人と差を付ける気の利いた差し入れをセレクトするのも良いですが、定番の品物をチョイスしておけば間違いなく喜んでもらうことができるでしょう。

張り切り過ぎて失礼をしてしまうことの無いよう、定番の人気差し入れについて知っておくことも大切ですから、サークルさんが喜ぶ品物はどんなものなのかしっかりチェックしておいてください。

作品の感想や手紙

サークルさんへの差し入れで最も喜ばれるものといえば、手紙です。

創作をする人にとって作品の感想というのは何よりも嬉しいもので、差し入れは品物よりも手紙の方が嬉しいと公言するサークルさんも少なくありません。

普段なかなか恥ずかしくて感想を伝えられないというようなサークルさんであればファンとしても普段の気持ちを述べる良い機会ですし、手紙を書いてみるのはとてもおすすめです。

一言二言の短い手紙でも貰った方は嬉しいですから、品物を差し入れするにしても一筆添えておくと喜ばれるでしょう。

イベント当日はなかなかゆっくりご挨拶をしている時間も無いので、伝えたい思いを後に残さないようにするのにも手紙を差し入れしてみてください。

インスタントの紅茶やコーヒー

差し入れは比較的お菓子をやりとりすることが多いため、一緒に楽しめるインスタントの紅茶やコーヒーを差し入れすると非常に喜ばれます。

食べ物の好き嫌いが多いという人の場合はお菓子などの差し入れをしても喜んでもらえないことがありますが、紅茶やコーヒーといったものであれば比較的好き嫌い無くほとんどの人が好むため安心です。

差し入れを検討しているサークルさんが紅茶とコーヒーどちらが好きかをチェックしておくとより良い差し入れをセレクトしていきやすいでしょう。

茶葉や粉だと飲む際にポットを使用しないという人の場合困ってしまいますから、インスタントをセレクトするのがおすすめです。

緑茶派の人には緑茶のティーパックを差し入れするのも良いでしょう。

インスタントのパックは作業のお供としてもありがたいので、差し入れでプレゼントすると大いに喜ばれます。

ご当地お菓子

同人誌即売会イベントはサークル・一般を問わず様々な地域から色々な人が参加します。

そのため差し入れをする際に自分の住んでいる地域のご当地お菓子などをセレクトするのもおすすめです。

普段手に入らない珍しいお菓子を差し入れすることで特別感が増しますし、コンビニお菓子などとも差を付けることができるため大変喜ばれるでしょう。

リーズナブルかつ他の人の差し入れとの差もつけやすいなど利点が多いので差し入れる側としてもとても重宝します。

ホットアイマスクやルームソックスなどのリラックスアイテム

食べ物以外の差し入れをするのであれば、喜ばれるのはやはりホットアイマスクやルームソックスなどのリラックスアイテムです。

ホットアイマスクは作業の息抜きに気軽に使ってもらえますし、何枚あっても困るものではありませんから他の人と差し入れが被ってしまうことを考えた際にも問題ありません。

ルームソックスも何枚あっても嬉しいものですから、サークルさんのイメージや好きなキャラクターのカラーなどをチョイスしてプレゼントすると喜ばれます。

何気なく使えるリラックスアイテムは自分では数を買わないものの貰えると嬉しいものなので、食べ物以外の差し入れをする際に良い選択肢となってくれます。

市販のお菓子はやはり喜ばれる

気持ちとして差し入れをするのであればコンビニなどで売っている市販のお菓子を選択しても良いでしょう。

食べなれない凝ったお菓子よりもいつも食べている口に合うものを貰った方が嬉しいという人はやはり多いですから、サークルさんの好みについてもチェックしておくことをおすすめします。

SNSなどで普段食べているお菓子が確認できるのであれば、敢えてそれを選ぶのも良いでしょう。

コンビニ限定や季節限定などちょっと捻ったものをセレクトするのも良いですし、常備して食べているようなお菓子があるならばスタンダードにそちらを選ぶのもおすすめです。

実際に差し入れをする時のマナー

同人誌頒布会のイベントで差し入れをする際は、品物選びだけでは無く実際に差し入れをするタイミングなどにも気を遣っていきましょう。

一般参加と違いサークルさんは様々な準備や対応に追われて忙しいですから、差し入れのために邪魔をしたり迷惑をかけてしまうことの無いよう気を付けてください。

簡単で良いのでラッピングを

差し入れをする品物については、簡単で良いのでラッピングを施しておくと好印象です。

剥き出しのまま差し入れをしても問題はありませんがやはり簡単でも少しラッピングに気を遣ってあるだけで受け取る方の印象も全く違ってきます。

リボンやシールをちょっとつけておくだけでも良いですし、手紙などを添えて一緒にラッピングしておくとより様になります。

あまり派手に飾ると荷物になって迷惑ですからほどほどに抑えておくのも大切です。

プチギフト程度に少し気を遣うだけで充分ですので、差し入れの際に一手間加えてみてください。

スペースの来客が少ないタイミングを狙って挨拶もできる

差し入れをする際は、できるだけスペースにお客さんがいない時を狙っていきましょう。

人の多いタイミングで差し入れをするとなると後がつかえてしまったり挨拶に時間を取らせてしまったりして大変な迷惑をかけることになります。

また挨拶をしないで差し入れをするというのも失礼ですから、迷惑をかけることなくしっかり挨拶ができるタイミングを狙うことが大切です。

イベント開始直後はどうしてもスペースが混みあいますので、人が少なくなってきた午後に足を運ぶと良いでしょう。

先に頒布物を購入して後からゆっくり挨拶と差し入れに伺うという方法を取るのもおすすめです。

名乗ることも忘れずに

差し入れをする際は名乗ることも忘れないようにしましょう。

特にSNSなどで面識のある人の場合名乗らずに立ち去るのは失礼ですので、気を付けてください。

どうしても名乗るのが恥ずかしいというのであれば記名入りで手紙を添えると言った方法を取るのがおすすめです。

またSNSのアイコン入りの名札などをつけていくと相手に気づいてもらいやすいので円滑にコミュニケーションを取れる工夫をしていきましょう。

長居をしすぎないように

タイミングを見計らってスペースにお邪魔をする際でも、あまり長居をし過ぎないよう気をつけましょう。

普段SNSなどで見ている作家さんに実際に会えると嬉しくなりつい挨拶や話が長くなってしまいがちですが、サークル参加をする側は頒布をしながら食事や買い物、挨拶や撤収作業をしなければならないため、スペースが空いていたとしても実は非常に忙しいのです。

訪ねてくれた人を無下にするわけにもいかず対応してくれる作家さんは多いもののやはりそこはファンである側が配慮をするべきですから、長居するようなことは避けスペースを去るようにしていきましょう。

差し入れは失礼や迷惑をかけてしまわないよう充分配慮して

同人イベントに参加、差し入れをする際は、何を差し入れするかについて充分検討することが必要です。

サークルさんの好き嫌いなどについて良くリサーチをするのであれば凝ったものを贈っても良いですが、独断と偏見で品物を選んでしまうと迷惑や不愉快な思いをさせてしまうことがあるため注意が必要です。

また差し入れをするタイミングについても忙しくさせてしまったり困ったりさせることの無いよう気を遣っていかなければなりません。

サークル参加をする作家さんはイベント当日様々な対応に追われ忙しいですから、訪ねる側は充分な配慮をしていくことが必要なのです。