コミケではマナーに気をつけよう!初心者が確認しておくべきこと

コミケに初めて参加する時は、楽しい気持ちと共に不安も混じりますよね。

どんな場所なのか、何を準備すればいいのか頭を悩ませるでしょう。

そんな中で、事前に確認しておきたいのが「マナー」です。

当日心から楽しむために、確認しておきたいマナーを見ていきましょう。

コミケマナー!初心者が守るべきもの

コミケのマナーでは初心者が守るべきものがたくさんあります。

サークル主や周りに迷惑をかけないように、守るべきマナーを覚えておきましょう。

中には普段ならできていることでも、コミケの特別な空間に流されてやってしまいがちなものもあります。

同人誌を手に取る時は丁寧に

コミケ会場にはたくさんのサークルが本を出しています。

好きなサークル主さんを見つけたり、自分の好きな作品の本を見つけたりすると、興奮してしまいますよね。

楽しむのはいいことですが、勢いよく勝手に同人誌を手に取るのは辞めましょう。

商品なので、「手に取ってみてください」と言われてから触ったり、「見てもいいですか?」と一言添えたりしてからにしましょう。

両替のお金の用意

コミケはお店とは違い、各サークルの方が自分でお釣りを用意しています。

出品者としてある程度のお釣りを用意していますが、数が多いとすぐになくなってしまいます。

参加する際は、100円玉を多めに、500円や1000円を用意しておきましょう。

近くのお店で両替をするのは迷惑になるので、銀行で両替するのがおすすめです。

カードを持っておけば銀行ATMで両替できます。

手数料がかかるところもあるので、自分の銀行が両替できるかどうか事前に確認しておきましょう。

お金を出すタイミング

コミケではサークルによっては、長蛇の列になっている場合もあります。

列に並んでいるだけでも体力を使ってしまい、イライラし始める人たくさんいることも。

サークル側も並び始めるとてんやわんやし始めるかもしれません。

並んでいる時間は長いので、事前にお金を出しておきましょう。

自分の番が来てから財布を出し始めると、時間がかかって周りに迷惑がかかります。

100円玉数枚を手で握っておくなどして、すぐに出せるようにしましょう。

サークル主と話す時のマナー

大好きなサークルの方と会えると、嬉しくなって色々話したくなりますよね。

お客さんが少ない時ならば、長く話していても問題ありません。

ただし、列を作っている時や、後ろで待っている人がいる時はすぐに切り上げるようにしましょう。

二言三言くらい話したら、立ち去るのが一番です。

話し足りないと思ったら、お客さんが落ち着いたタイミングで引き返すのが礼儀です。

サインをもらうマナー

大好きな人のサインは誰だってもらいたいものです。

ただし、人によっては要求される数が多すぎてサインを受け付けていない場合もあります。

事前にサークル主さんのSNSを確認して、受け付けているかどうかを確認しましょう。

サインOKの場合は、お金を払うタイミングでお願いしてください。

サインだけをもらいに行ったり、お金を払ってからサインを要求したりするのは辞めましょう。

できるだけサークル主さんに負担のないようにするのがおすすめです。

差し入れのマナー

大好きな人や、仲良しの方には差し入れを考えるでしょう。

差し入れを渡すのは、お客さんがはけたタイミングがベストです。

並んでいる時などに渡すと、流れを止めてしまいます。

相手側も忙しい時にもらうと管理ができずに、かえって迷惑になってしまうかもしれません。

差し入れの内容は、食べ物にするならば腐らないものにしましょう。

アイスやチョコレートなどは溶けるので注意。

お茶や簡単に食べられるお菓子類がいいでしょう。

手作りのものや生物はNGです。

もらっても相手が困らないものにしましょう。

悩んだ時は差し入れではなく手紙を添えるのがおすすめです。

勝手にサークル内に入らない

意外とやってしまいがちなのが、勝手にサークル内に入ることです。

好きなサークル主さんが相手だと、特にしてしまいがちです。

準備や忙しい時に手伝いをしようとして、サークル内に入るのはNGです。

サークル主さんに手伝ってほしいと言われるなど、承諾してもらえたタイミングで入るようにしましょう。

好意の押し付けは一番困らせてしまいます。

良かれと思ったことが相手の負担になる場合もありますよ。

荷物を置く場所に注意

購入する際は、荷物の置き場所に気をつけましょう。

お金を払う際に、ついつい販売している本の上に荷物を置いてしまいがちですが、販売している本を傷つけてしまうかもしれません。

自分の好きな本の上に、物を置かれたら嫌ですよね?それは誰でも同じです。

お金を払う時に急いでいたり、緊張していたりすると忘れがちです。

行く前に頭の中に入れておきましょう。

あらかじめ注意しておけば、当日うっかりミスしてしまうことも少ないですよ。

日傘はNG

夏コミだと特に、外にいる間は日焼けが気になりますよね。

普段日傘をさしている人は特に使いたくなるでしょう。

しかし、夏コミではたくさんの人が集まります。

並んでいたり、待機していたり、歩いていたりする時に周りの人とぶつかる危険性があります。

振り返った時に誰かの目に刺さっては大変です。

コミケ会場に着いたら、日傘を使うのは控えましょう。

日除け対策には、日焼け止めクリームをなどを使うのがおすすめです。

コスプレのマナー

コミケに参加するからには、コスプレをする人もいるでしょう。

コスプレしている人に憧れて、コミケでコスプレデビューを果たす人もいます。

コスプレをする際は、家からコスプレをしてくるのは禁止です。

会場内に着替えスペースが用意されているので、必ずそこで着替えて、帰る際もそこで着替えて帰りましょう。

会場内の端で着替えを始めたり、会場近くのトイレなどで着替えたりするのもNGです。

周りの迷惑になるので、コスプレはコミケ会場内だけにしておきましょう。

せっかくのコスプレ衣装も汚れずに済むので、会場内だけの楽しみに留めておいてください。

休憩のマナー

コミケ中に休憩する時は、休憩スペースか会場の外で休むようにして、くれぐれも会場内で座り込むのは辞めましょう。

人がたくさんいる場所なので、お互いに怪我をする恐れがあります。

休憩以外にも、荷物を整理しようとして会場内でしゃがみこむのも禁止です。

通行人の邪魔になったり、蹴られたりする場合もあります。

争いの元にもなるので、会場を出るようにしましょう。

休憩スペースにも人がたくさんいる場合がありますが、会場内よりかはましです。

みんなが休憩している状態なので、鞄整理をしている人もたくさんいます。

所定の場所で行いましょう。

成人向け同人誌を購入するマナー

コミケでは、成人向け同人誌を購入する際は、身分証の提示が必要です。

18歳未満には販売できないため、必ず確認を求めています。

万が一18歳未満に販売してしまった場合は、サークル主が責任を取らなければなりません。

面倒ですが、購入できずに帰るのは悲しいので、身分証を持っていっておきましょう。

確実に成人しているとわかれば大丈夫な場合と、確認必須の場合があります。

その場合は、いくら仲良い人でもNGです。

忘れず財布に入れておきましょう。

最後尾プラカードのマナー

コミケではたくさん並んでいる場合は、最後尾の人がプラカードを持たなければなりません。

自分が最後尾に並ぶ場合は、前の人からプラカードを受け取るようにしましょう。

並ぶ際に「プラカード持ちますよ」と声をかけてあげるようにしましょう。

前の人が渡してくれる時もありますが、友達と話していたら気づかない場合もあります。

必ず声をかけるようにしましょう。

コミケはみんなで助け合うのがマナーです。

キャリーケースの利用

コミケでは、参加者がキャリーケースを利用するのは控えるのが無難です。

たくさん本を買うために、キャリーケースを利用したい人もいるでしょう。

キャリーケースを持っていくと、場所を取ることにもなります。

気づかないうちに誰かの足を引いてしまうかもしれません。

サークルの方々は持っていますが、参加だけならば持たない方がいいです。

キャリーの代わりにたくさん入るトートバッグや、コミケ用のバッグを使うようにしましょう。

徹夜での待機はNG

前の晩からお店の前で並んでいる人をよく見かけますよね。

それを見て、コミケで誰よりも早く手に入れようと徹夜で並ぼうとする人もいるでしょう。

しかし、徹夜で待機するのは完全にマナー違反です。

近隣の人の迷惑になりますし、何よりもそこで問題を起こすとコミケ側の迷惑にもなります。

次の開催が難しくなる場合もあるので、徹夜はせずに朝早く行くようにしましょう。

徹夜で並んでもいいことはありませんよ。

リュックのマナー

購入したものを入れるためにリュックで向かう人もいるかもしれませんが、大きすぎると周りの人にぶつけてしまう危険性があります。

満員電車に乗っているような気持ちで、リュックは前に抱えるようにしましょう。

マナーを守るのは、周りの人と自分を守ることに繋がります。

ハメを外しすぎない

コミケに参加すると、ついついテンションが上がってハメを外してしまいます。

気が大きくなりすぎて、普段ならばしないようなこともしてしまいます。

楽しむのはいいですが、相手に迷惑をかけてしまうことは避けましょう。

暴走して騒ぐと、自分は良くても周りに迷惑をかけてしまいます。

同じように気が大きくなっている人とぶつかると喧嘩の元です。

楽しみに来ただけなのに、喧嘩になって暴力沙汰・警察沙汰になってしまうと意味ありません。

常識の範囲内で楽しむようにしましょう。

エスカレーターには立ち止まって乗る

コミケ会場では、人がたくさんいるためにエスカレーター上で歩くのはかなり危険です。

必ず立ち止まって乗るようにし、両側で立ち止まるようにしましょう。

片側を開けてしまうと、それだけ乗れる人の数が少なくなり、エスカレーターの行列ができてしまいます。

スタッフが誘導している場合もあるので、指示に従って安全に移動するようにしましょう。

公共機関を使う

サークル参加者のみ、各サークルで1台ずつの自家用車が認められていますが、コミケ会場では自家用車を使っての来場は禁止されています。

売り手側の車だけでも駐車場が大変なことになるので、参加者は車で来ないのが無難です。

コミケの時期的にも、周りの駐車場は空いていない、もしくはかなり高くなっている可能性があります。

電車を使って来るのが一番いいでしょう。

電車は混雑が予想されるので、電車に乗る際は余裕を持って2本くらい早い電車に乗っておきましょう。

ギリギリの電車に乗ってしまうと、間に合わない場合もあります。

特に初めて行く時は余裕を持って行動しておくと安心です。

コミケでマナー以外に心得たいこと

コミケのマナーをひととおりチェックしたところで、次にコミケの心得も見ておきましょう。

コミケを負担なく楽しむためには、様々な工夫が必要です。

普通のお店に買い物に行くような感覚で挑んでしまうと、会場についてから後悔するかもしれません。

せっかくのコミケデビューが残念なことにならないように、心得ておきましょう。

カタログを買おう

コミケには、どこに何があるのか、会場の様子や詳しい説明が書かれたカタログが用意されています。

会場を見るだけでは、自分好みのサークルを見逃してしまうかもしれません。

残念なことにならないためにも、カタログは購入しておきましょう。

カタログの中にある「サークルカット」でサークル一覧が確認できます。

ジャンルごとに確認する

カタログは、「アニメ」、「漫画」、「ゲーム」というように大きなジャンルごとに分けて書かれています。

気になるジャンルのページから、気になったサークルを回ってみましょう。

サークルのブースの配置も書かれているので、現在地から近いサークルから順に回るのがおすすめです。

好きなサークルはSNSで事前チェック

好きなサークルさんがいる場合は、SNSで事前に情報をチェックしておきましょう。

スペースナンバーを確認しておけば、当日スムーズにたどり着けます。

事前だけではなく、当日も随時チェックしておきましょう。

カタログだけではわからない詳細な情報や、リアルタイムの情報が知れる場合もあります。

販売状況や、お客さんの流れなどを記載している場合もあるので、コミケ中は随時チェックしておきましょう。

場合によっては人が多くて電波が悪い場合もあるので、確認できない場合は会場の外に出るようにしましょう。

当日の服装に気をつける

コミケは服装にも気をつけましょう。

冬コミの時は、普段以上に着込んでおくのがおすすめです。

野外で待機する時間もあるので、じっとしていると人が多くても寒くなります。

カイロを貼っておくか、厚着のコートやマフラーを用意しておきましょう。

しかし動き始めると暑くなるので、暑がりな人は脱げる格好で厚着をしておくのがいいですよ。

荷物にはなってしまいますが、寒すぎて動けなくなると意味がありません。

反対に夏コミの時は涼しい格好にしましょう。

紫外線が気になる人は、UVカットのパーカーなどを用意しておくのがおすすめです。

ご飯を必ず食べてくる

コミケでは体調管理が先決です。

冬でも夏でも、人がたくさんいるような場所では体力を消耗しがちです。

暑さ、寒さでも体力は削られていくので、必ず事前にご飯はしっかり食べておきましょう。

普段朝ご飯を食べない人や、少食な人でも空腹だとしんどくなってしまいます。

コミケ中は食べる時間もないので、しっかり食べておきましょう。

特に夏コミの際は、空腹の状態で暑い中過ごすと倒れてしまうかもしれません。

せっかく楽しみにしていた時間が悲しい結果で終わってしまいます。

コミケスタッフにも迷惑がかかってしまいますよ。

塩分補給をする

夏コミは水分補給だけではなく、塩分補給も必須です。

夏場になると塩分チャージとして塩分補給できる飴もあります。

並んでいる時や移動中でも簡単に補給できるので、一袋購入しておきましょう。

水分補給をする時は、水やお茶よりかはスポーツドリンクがおすすめです。

袋飴を持っておけば、一緒に来た友達ともシェアできます。

差し入れ代わりとして、サークル主にも渡しやすいでしょう。

リストバンドを忘れずに持つ

コミケでは参加証としてリストバンドの購入が必要になります。

冬コミでは、当日リストバンドを購入すると通常の2倍の値段がする場合があります。

事前に購入ができるので、事前に購入して持っていくのが賢いです。

自分の好きなサークルの方にお金を使えるように、できるだけ他の出費を抑えるようにしましょう。

目的以外も周ってみよう

コミケでは自分の目的の場所に寄ったら、満足して帰ってしまう人が多いです。

コミケには様々なサークルの方がいるので、時間が許す限り、他のところも周ってみましょう。

会場が広く、人気サークルの場合は長蛇の列になっているので、全てを周り切るのは難しいかもしれません。

推しのサークル以外にも目を向けておけば、次のコミケ参加の時に楽しみが増えます。

企業ブース目当ての人も、企業ブースだけ見て帰るのはもったいないです。

他のサークルの様子も見ておけば、自分が出店する時の参考になるかもしれません。

案外人のブースの様子や接客の様子を見ておくと、後々いい方向へと繋がる場合もありますよ。

どこに自分のメリットとなるポイントが隠れているかわかりません。

どこからでも吸収するスタイルで、今後サークル出店を考えている人もコミケに参加しましょう。

コミケのマナー!噂の正体

コミケのマナーの中には、SNSから聞き知った間違ったものもあります。

下手にうわさをうのみにしてしまうと、実際コミケに行った時にサークル主に迷惑をかけるかもしれませんので注意。

自分がやってしまってから、間違っていたと気づくのは遅いです。

恥ずかしい思いをしないためにも、噂の真偽を確かめておきましょう。

午後からは1万円を出すと喜ばれる

午後からは1万円出すと喜ばれるといううわさがあります。

小銭や細かいお金を用意してくれる参加者が多いために、午後からはそのお金を片付けたいからです。

場合によっては1万円札の方が喜ばれる時もありますが、状況によって異なります。

午前中に大きいお金を出される人もいますし、小銭が不足している場合もあるでしょう。

配慮して出すのであれば、「1万円と小銭と、どちらの方が助かりますか?」と聞いておきましょう。

どちらでも用意できるように、お金を渡す時は手元に1万円と小銭を握っておくと相手も気を遣う心配がありません。

コスプレイヤーを自由に撮影できない

コミケにはコスプレをした人がたくさんいます。

中には有名なコスプレイヤーが来ている時もあるでしょう。

会場にいるとついつい写真を撮りたくなってしまいますが、勝手に撮るのはNGです。

周りが撮っていても、盗撮になってしまいます。

必ず撮影する時は断りを入れるようにしましょう。

特にプロの方はそれで生活を得ています。

無断で撮られるのは、商売の邪魔をしているのと同じことなので、撮影をする時は気をつけましょう。

写り込んでしまうのも基本的にはNGなので、カメラを撮る時は周りの人に注意が必要です。

コミケの様子をネット配信してはいけない

コミケに来た様子をネットに上げる人もいるでしょう。

動画にとってインスタのストーリーに載せたり、YouTubeに載せたり、ツイッターに載せたりと、様々な楽しみ方をされる人がいます。

自分だけを写すのであれば問題ありませんが、周りの人が写っている状態で配信するのはNG。

中にはコミケに来ていることを知られたくない人もいます。

内緒で来ている人もいるので、プライバシーの侵害になります。

さらに、勝手に人が写った映像をネットに上げるのは肖像権の侵害にもなるので気をつけましょう。

スタッフも一般参加者も同じ

コミケに行くと、スタッフやサークル主を、お店の店員さんのように考えてしまいがちですが、コミケにいる人たちは、誰しもが同じ参加者として考えられます。

スタッフは詳しい人なので、何かあった時にスタッフに頼るのは問題ありませんが、自分はお客さんだからという態度はやめましょう。

コミケ内で大柄な態度を取られても、誰もいい気分にはなりません。

コミケは共通の趣味を持った人の交流会というイメージでいましょう。

誰もが対等な立場で、助け合ってイベントを盛り上げていくのが喜ばれます。

自分だけが特別な存在ではありません。

スタッフの指示に従うなど、周りの人に協力するようにしましょう。

コミケのマナーを守って平和に楽しもう

コミケのマナーを守っておけば、周りの人に迷惑をかけずに楽しめます。

せっかくコミケに参加しているのに、周りに迷惑をかけてしまっては元も子もありません。

自分さえ楽しければいいと思っていると、不快にさせてしまうかもしれませんよ。

マナーを守れば、気持ち良く楽しめます。

心得ておきたいこともしっかりと行っておけば、当日嫌な思いをすることなく楽しめるでしょう。